【大調査!】ビーグレンCセラム&クレイウォッシュの効果まとめ!毛穴の開きや角栓、ニキビやシミ、黒ずみに効く?

気になるビーグレンCセラムとクレイウォッシュの効果についてまとめました。毛穴の開きや角栓、ニキビやシミ、黒ずみに効くかどうか、使用期限、使う順番、美白、敏感肌や乾燥肌、色素沈着に対する効果など。

【疑問】ビーグレンCセラムは日焼け止めが必須って本当?

time 2018/01/06

【疑問】ビーグレンCセラムは日焼け止めが必須って本当?

ビーグレンCセラムを使用されている方、「ビタミンCは日焼けしやすいので、日中つける場合は日焼け止めを塗らないといけない」と聞いたことはありませんか?

ビーグレンCセラムを使用する場合は夜だけにした方がいいのかなとお悩みの方も多いでしょう。

ビタミンCは酸化しやすいので、日中日焼けしてしまうと紫外線によって色素沈着を引き起こしシミやくすみの原因になってしまうので、美容サイトや雑誌には「ビタミンC美容液は日中になるべく塗らず日焼け止めを塗ってUV対策をすることを推奨します」などと書かれています。

ビタミンCに含まれるソラレンという成分は、紫外線を吸収しやすく、お肌がダメージを受けやすくなる作用がありますので、日焼けしてしまうということになります。

ビーグレンCセラムはどうか?というと工夫をすれば日中に使用してもOKです

ただし、ビーグレンCセラムには高濃度のビタミンCが7.5%配合されていますので、日焼け止めかファンデーションでUV対策をしっかりとしましょう

ビーグレンCセラムを馴染ませた肌を直接紫外線に当てないように工夫することで、日焼けを防止することができます。

朝起きた後、クレイウォッシュでしっかりと皮脂汚れを落とし、乾燥肌の方は特に化粧水、保湿ゲルで保湿ケアを欠かさずに、その後ビーグレンCセラムを顔に馴染ませます。

この後UVケアとして日焼け止めを塗っても良いですが、日焼け止めを塗りたくない方はメイクケアやパフで直接紫外線に当たらないように気を付けましょう。

ビーグレンCセラムはメラニンの生成を抑制する働きがありますが、メラニンは紫外線からお肌を守ってくれる大事な働きを持っています。

メラニンが少なくなった状態で紫外線に当たってしまうとお肌にダメージを受け日焼けもしてしまいますので、ビーグレンCセラムを使う場合は日焼けしないようにUV対策を心がけましょう。

メイクもUV対策も面倒くさい!という方、それでもやっぱり昼間は日焼けが気になる!という方は夜、就寝前だけビーグレンCセラムのご使用をおすすめします。

ビーグレンCセラムはビタミンC配合の天然即効美容液ですが、ビタミンの臭いが気になる方やお肌に合うか心配な方もいらっしゃると思います。

公式サイトからビーグレンで1番人気のビーグレンCセラムが入ったトライアルセットがお試しできますので、気になった方はぜひチェックされてみてくださいね。
お肌の内側からツヤもち肌を目指したい方にはぴったりの美容液ですよ。

 

 

 

注意!ビーグレンCセラムで肌荒れする?使う順番を工夫しよう

 

ビーグレン Cセラム 他の化粧品 併用

ビーグレン クレイウォッシュ 敏感肌 乾燥肌

ビーグレンCセラム クレイウォッシュ 薬局 ドラッグストア

ビーグレンCセラム クレーターニキビ

ビーグレンCセラム ラップパック

ビーグレンCセラム 使用期限 消費期限

ビーグレンCセラム 日焼け止め

ビーグレンCセラム 毛穴の開き

ビーグレンCセラム 美白効果

ビーグレンCセラム 肌が熱い ピリピリ

ビーグレンクレイウォッシュ マツエク

ビーグレンクレイウォッシュ 化粧落とし

ビーグレンクレイウォッシュ 大人ニキビ

ビーグレンクレイウォッシュ 思春期ニキビ

ビーグレンクレイウォッシュ 毛穴の汚れ 開き

ビーグレンクレイウォッシュ 角栓

ビーグレンクレイウォッシュ 黒ずみ 色素沈着

朝 スキンケア ビーグレンCセラム

白ニキビ ビーグレンクレイウォッシュ

最近の投稿